冬春服メンズファッションのモテコーデをズバッと解説≪具体例≫

冬春服、メンズスタイルのコーデをみてみる

 

 

冬春服メンズファッションのモテコーデをズバッと解説≪具体例≫

 

冬春服メンズファッションとひとまとめに言っても、たくさんのアイテムがありますよね。冬春服メンズファッションの色も様々なものがあります。同じアイテムでも、色の合わせ方によって雰囲気が変わったり印象が変わったりと、いくつものバリエーションがあります。私が素敵なファッションだなと感じる男性の冬服ファッションを紹介します。今回はインナーのブルー系のシャツをメインにコーディネートを考えていきたいと思います。インナーの淡いブルー系の無地のシャツに、ニットのセーターを重ね着。ボトムスは細身のデニム。アウターにはベージュ・またはネイビー系のチェスターコートなんていかがでしょうか?ショート丈のブーツを合わせて履いているとさらにかっこいいですね!または、インナーの淡いブルー系のデニムシャツに、ボトムスはグレーのスウェットパンツ。アウターにはウール生地の細身のダウンジャケットを。一見ラフ過ぎるようい感じますが、ダウンジャケットがウール生地であることでラフ過ぎずに落ち着いた雰囲気の男性を装うことができると思います。

 

さらに冬春服メンズファッション、濃いめのブルーのシャツにブラウンのニットタイ。テーラードジャケットを羽織り、ボトムスにはブラウンのスキニーパンツ。足元にはベージュのレースアップブーツで、大人らしい落ち着いたコーディネートなんてものも。さらにさらに、ネイビーに近いデニムシャツのボタンを一番上まできちんと閉め、ベージュのチェスターコートを羽織る。ブラックのスキニーパンツに足元はレザーシューズ。ボトムスと合わせた色のハットなんてのもカジュアルダウンなコーディネートでオシャレ。同じ系統のアイテムでも、色やコーディネートによってカジュアルになったり大人らしくなったり…こんな服着てる人いいな、なんて考えるだけでもワクワクどきどきしてしまいます。

 

151515151