2018秋服メンズ!かっこいいつもりでも実はダサい服装の実例

151515151

2018秋服メンズ、スプートニクスのコーデをみてみる

 

 

2018秋服メンズ!かっこいいつもりでも実はダサい服装

 

2018秋服メンズと言えば、薄着で体の多くを露出させる季節です。そのために自分の体の色や体毛の濃さ、髪の毛の色と髪型などなど様々な要素と調和を目指す必要があります。しかし、ファッションにおいては「服だけを見ればカッコいいけど、着ている人と合っていない」ということも多々あります。では、私が見てきた中で「これはないわー」と思ったダサく感じる服装とその理由をいくつか紹介いたします。

 

ダントツでダサかったのはショートパンツ(半ズボン)です。やはり夏から秋までの男性の服装で「半袖半ズボンで涼しくラフに過ごしたい」という方が多いようです。しかし、ショートパンツは特に女性から「生理的に無理」とさえ言われることがあります。毛が濃い人が着用するともれなく、男女問わずドン引きされます。というか、街中にいたらある程度距離をとって近づかないようにします。大学デビューしたての人は陥りがちな印象を受けます。要注意です。風通しの良さだけでは足りず、女性の冷ややかな目線でも涼しくなりたいという方は程々にどうぞ。多分、視界にすら入れてくれないと思いますが(笑)

 

次に、夏場から秋服ファションまで長期間に渡り登場するのはいわゆる「きこり」ファッション。このファッション自体がどうこうというより、着ている人と服装のマッチングが偏っています。このファッションはやせ過ぎ、大学デビュー、オタクの三条件揃った人が好む服装と言われています。こういう人たちは総じてお互いに気が合います。すると、ガリガリのからの大学デビュー臭が半端ないきこりファッション集団がお目にかかれるわけです。一人一人だとまだましなのですが集団になると凄まじい破壊力を秘めています。みんなお揃いの服装なのです。誰が誰だか判別できません。他にも、むだに露出したがるファッションや丸メガネのようなサングラスも正直ダサいです。

 

私の個人的な意見では、「できもしないのに無駄にカッコつけたがるからダメ」なのです。2018秋服メンズ!原点に戻ってピシッとした質のいいジーンズ、清潔感のあるTシャツに上着を着用する組み合わせがベストだと思います。

 

 

151515151