秋服メンズ、何も考えずに着ているボーターファッションの危険性

151515151

秋服メンズ、スプートニクスのコーデをみてみる

 

 

秋服メンズ、何も考えずに着ているボーターファッションの危険性

 

私は秋服メンズで何も考えずに、秋服だからボーダーといった感じで着ているボーターファッションがダサいと思う。ボーダーはそもそもデザイン横が長く伸びている分、同じサイズの服を着ている際にサイズが同じなのにも関わらず太って見える傾向にあるからだ。そのことを理解せずに何も考えずに、取りあえず秋の始まりに暑苦しくないし秋服っぽく見えるしボーダーはいいでしょと着ている人は損をしていると思う。

 

痩せ型の人はメリットとしてひょろい感じがぬけて、たくましさが出てくるというメリットはあるが、太って見える分普通の体格の人や少しぽっちゃりしている人なんかはかなり損をしている状態だ。特に秋の始まりのファッションは暑苦しく見えてくるところから、色の部分でも影響が出てくる、季節感を出そうとして、赤みのあるものやオレンジ色のものを着た際に薄い色でも涼しさは感じずに暑苦しさが感じてくるのである。

 

またボーダーの太さにも注意が必要だ、ボーダーの2色が均等の太さになっているものは一見きれいに見えるが、夏場の場合は1枚で着ていることが多いので2色の色が強い色の方が強調されてしまいインパクトが強すぎて、落ち着かないファッションの印象を与えてしまうので、お洒落な感じがなくなってしまいます。

 

さらにサイズにも注意したい、ボーダーの服装はキレイめなファッションの武器として使われることが多いが、秋服ならば、ぴったり過ぎるものを選ぶと1枚の状態で着ているなか体のラインが無地のものよりも1段とボーダーのものは強調されてしまい。お腹が出ている場合などはマイナスな印象を与えてしまうので、ゆるゆるなのはNGですがほどよいゆとりがある方がいいでしょう。

 

私は秋服のメンズボーダーファッションの際には、服の色が白色がベーズになっているものを選んでいてボーダーの太さが細く、かつボーダーの色は黄緑や水色などの青色系のもので、サイズもほどよいゆとりがある感じのものを選んでいて、ボーダーを使った季節感を演出できている服装の男性が好きです。

 

 

151515151